空間の最適化!クリニックや店舗の設計を依頼する時の極意

水のリサイクル

室内

法人が水を使用する場合は大量に使って排水するサイクルとなり、資源の無駄遣いになることもあります。しかし、濁水処理機を利用して水のリサイクルを行なえば限りある資源を賢く使えるような流れにできます。

詳細へ

患者のための空間づくり

水

医療を提供する場

医師として独立開業する際には、そのクリニックで提供する医療サービスの質や医療機器の充実度がメインで考えられます。しかし、その他に重要視しておきたいのが、クリニックの空間。患者が診療を受けるためには快適に待合いできるスペースやプライバシーが守られた診療スペースが必要です。この空間が快適ではないと、どんなに良い医療サービスや医療機器を導入していたとしても、患者は集まりません。ですから、空間づくりの第一歩である設計段階からいろんな工夫を取り入れることが大切です。

理想の空間にするポイント

クリニックの設計をする際は、患者やスタッフの両方が使いやすくて快適に過ごせる空間にすること必要です。そのため、一番に見ておかないといけないのが動線。動線が悪いと人の流れが悪くなり、全体的に無駄が発生します。この無駄が出ることにより、患者やスタッフにフラストレーションを与えてしまうことになるでしょう。クリニックでの行動をイメージした上で最適なレイアウトにすることが必要です。また、クリニックに必要となるイメージは、清潔感。医療サービスは不衛生な環境で受けたいと思う人はいませんし、信用度を失うことになります。ですから、カラーや内装で清潔感を与えるようにしていくことが大切でしょう。
実績のあるプロの施工会社であれば、イメージするクリニックの設計に携わってくれます。施工事例を見ながら、相性の良いところを選んで理想の空間を作り上げていきましょう。

知識が必要

男の人

改正フロン法の施行により、各法人で第一種特定製品に外用する業務用エアコンの保守点検が義務化されました。専門知識が問われる点検や記録保存、さらに漏えい対策が必要になるので事前確認を徹底しましょう。

詳細へ

元に戻す工事

工事

法人が賃貸オフィスを利用して退去する場合、原状回復工事が必要になることが多いです。余裕のある施工スケジュールと工事内容の確認、さらに業者への相見積もり依頼をしましょう。

詳細へ