空間の最適化!クリニックや店舗の設計を依頼する時の極意

知識が必要

男の人

第一種特定製品の業務用エアコンを設置している店舗やオフィス、工場はたくさんあります。ただこの業務用エアコンは、2016年4月より改正フロン法の施行により点検、記録、フロンガスの注入禁止などあらゆる項目が制定されました。これにより、今までになかった項目でフロンガスの排出抑制を行なう必要性が高まっており、準備をしておかないといけません。特に簡易点検と定期点検の2種類が必要になるので、このあたりは業者に依頼をする手配と選定を行なわないといけません。

改正フロン法に伴い点検が必要になった項目は、自主点検で行なえることもあります。ただし、フロンガスに関連する部分としない部分の点検があるのでこのあたりの見極めが難しいところでしょう。また、点検に関連するデータはすべて記録して保存すること義務付けされています。そうした専門的な知識がないと、せっかく改正フロン法に則り対策をしていても意味をなさないことになります。このあたりは、業者への依頼を検討したりセミナーで基本的な知識を身に着けたりすることが大切です。

安全性を高めるための保守対応として一番重要視されているのが、フロンガスの漏えい対策。フロンガスが大気中に漏えいすることにより、オゾン層の破壊が進行します。そのため、この漏えい対策が改正フロン法の中でも大切なポイントになってくるわけです。ただ、フロンガス自体が漏えいしているかどうかは目で見えることはなく、気づかないまま進行している可能性もあります。このあたりの安全性を確固とするには、簡易点検や定期点検の徹底と異常な状態に早く気付くことが大切なのです。