空間の最適化!クリニックや店舗の設計を依頼する時の極意

水のリサイクル

室内

限りある資源でもある水は、飲料水にも必要とされますが製品づくりにも必要とされます。特に法人が利用する場合は、個人と比べ物にならないほどの水を必要としてそれを排水します。この使用して排水するサイクルを継続していくと、やがて水が枯渇してしまう事態に陥ることでしょう。このような事態を危惧する法人も多くなってきたことから、水をリサイクルする濁水処理機の需要が高まりました。濁水処理機を使用することにより、工場や工事で使用された汚水は無害化され新たに使用できる水へと生まれ変わります。

濁水処理機は、いろんなメーカーから展開されており、機能性や処理能力で比較されます。だいたい、排水を処理するスピードは1時間あたり5~10平方メートルのものが簡易的なタイプ、1時間あたり20~30平方メートルのものだと本格的なタイプになります。また、濁水処理時に問題がないように流量計やph計、さらに汚水の度合を調べる濁度計が設置されているものもあり、機能性豊かです。こうした最新機器を使用することで、有害な汚水は無害な清水になってリサイクルできる状態になります。

いずれの濁水処理機を使用する上でも、必要な処理機能を果たしているかどうかや使用する目的によって選び方が変わります。また、メーカー自体の対応や保証が安全であるかどうかも選定のポイントになります。このあたりはメーカーごとにヒアリングしたり試しに濁水処理機を使用したりして確かなものを選ぶように調整しておきましょう。